NEWS

ニュース

リリース
2021.03.17

ダイエー公式アプリに「TrustSound」が採用! 「聴こえない音」による「超簡単チェックイン」のポイントサービスを実現

株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区、代表取締役:山川 進、以下 SST)は、独自技術の音通信「TrustSound」が2020年7月より株式会社ダイエー(本社:東京都江東区、代表:近澤 靖英)の公式アプリに採用されたことをお知らせいたします。
ダイエー公式アプリの「来店ポイントサービス」は、お客様が来店時にアプリで来店スタンプを獲得することができるサービスです。チェックインによってスタンプが5個たまると、WAON POINT3ポイントを獲得できます。スタンプ10個で、さらにWAON POINT10ポイントを獲得できます。


daiei_image1_.jpg
http://www.daiei.co.jp/topics/raiten_point/


ダイエー入店時に、店内でダイエー公式アプリの「チェックインボタン」をタップすると、店内に設置されたSSTの端末「TrustSound Sigma」から発せられる「聴こえない音」をアプリが認識し、来店ポイントのスタンプが獲得できます。アプリは、端末から数メートル離れても音を認識できるため、端末の至近距離までスマートフォンを近づける必要がありません。また、チェックイン(ポイント獲得)は複数のスマートフォンで同時に行うことが可能なので、ポイント獲得のためにお客様が並ぶといった状態をつくることがありません。

store.001.jpeg

「聴こえない音」からポイントを付与する仕組み

ダイエー公式アプリに組み込まれたSSTの「TrustSound SDK-Lシリーズ」の機能により、アプリが端末からの音データを取り込むことでお客様のチェックインを認識します。さらに、チェックイン情報の管理、特典交換といったサービスはSSTが提供する「TrustSound Service」によってまとめて処理・管理されます。
「チェックイン」という新しいサービスを導入するには一見大掛かりなシステム構築が必要と思われるところですが、TrustSound Serviceを利用することで、既存のアプリ設計やシステムに大きな変更をかけることなく比較的容易にサービスを追加することが可能になりました。


daiei_image2.png


「TrustSound」とは?

TrustSoundはSSTが独自開発した「音波によるデータ通信」を中心とした近接通信および認証技術基盤です。一般的な仕様のマイクとスピーカーをインターフェースとするため、スマートフォンをはじめとしたあらゆる機器で利用できます。
データ通信の範囲をSDKのラインナップによって選択でき、NFCのような超近接通信だけでなく、コンサート会場のような空間での一斉データ配信まで可能にします。決済や打刻、チェックイン、イベント用途などさまざまなシーンで、いま 時代のテーマである”非接触”を実現しながら安全かつ簡単にデバイス間コミニュケーションが可能になります。

なお、今回採用された「TrustSound SDK-Lシリーズ」による音データ通信では機器が数メートル離れた距離での、複数端末による同時多発的認証が可能になるため、NFCやFeliCaといった近接通信と比べても「非接触性」が格段に高い上、ユーザー同士お待ち時間が発生せず、端末に近づく必要のない「非密集」を実現しています。店舗の省人化への貢献や、感染症拡大予防のためのソーシャルディスタンスを保った動線設計に寄与することが期待できます。


Back to top