2019.07.17

藤一番全店舗がDL件数1000万超アプリ「Zeetle CS」を導入 スタンプカード“レス”で紙コストの削減と販促力強化に期待

報道関係者各位

2019年7月17日
株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー

藤一番全店舗がDL件数1000万超アプリ「Zeetle CS」を導入
スタンプカード“レス”で紙コストの削減と販促力強化に期待

近接通信ソリューションのリーディングベンダー 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(本社:東京都新宿区、代表取締役:山川 進、以下 SST)は、株式会社藤一番(本社:愛知県小牧市、代表取締役社長:牧野 正義)が運営する藤一番全店(33店舗)・しなとら半田店において、SSTの独自技術である音通信を活用したO2Oサービス「Zeetleカードサービス(以下、Zeetle CS)」が導入されたことを2019年7月17日に発表します。
株式会社藤一番の企画開発課長 三宅氏は「Zeetle CS」採用の理由について「第一に、これまで発行していたスタンプカードやクーポン券を電子化することで印刷コストを削減できることや、発売機・セルフレジなどお客様が従業員を介さずにクーポンを利用できること。また、定期的なキャンペーン実施に対応できる豊富な配信機能で、新規見込み客の可視化や中長期の顧客の囲い込み強化が期待できること。さらに、顧客の個人情報を取得しないため、会員化のハードルが低いことも導入の決め手」と話します。なお、2019年7月1日よりサービス提供を開始しており、利用者は食事メニューを注文することでスタンプを取得でき様々な特典が利用可能です。
【特典例】
◇スタンプ5個:餃子3個プレゼント(全店共通)
◇スタンプ10個:700円(税込)以下のらーめん1杯プレゼント(全店共通)


「Zeetle CS」とは、顧客がスマートフォンアプリ「Zeetle」をダウンロードし、お店のカードを取得するだけで様々な特典やサービスが受けられるスマホ専用のスタンプカードです。「Zeetle CS」のダウンロード数は1,100万超※の実績を持ち、飲食店はもちろん小売店、美容室、病院など様々な場所で導入されています(※2019年6月末)。
「Zeetle CS」は来店時にBluetoothの起動やQRコードの読み取りが不要で、顧客はスマートフォンを専用端末にタッチするだけのシンプルなオペレーション。店舗は利用者の来店回数や最終来店日を把握した上で、特定の条件の顧客だけにプッシュメッセージで特典を届けるなど、より柔軟で効果的なキャンペーン施策が可能になります。お店のカードは店頭でのピットタッチ端末へのタッチ、Zeetleアプリの地図、Zeetle導入店舗を掲載するポータルサイト「Zeetleショップクーポンコレクション」などから取得できます。
※【対象機種】iOS 10.0以上を搭載したiPhone / iPad / iPod touch / Android 4.1以上のスマートフォン

【株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーについて】

株式会社スマート・ソリューション・テクノロジーは2012年12月に設立され、非接触ICリーダーライター関連事業(ピットタッチ関連事業)ならびにスマート・サウンド・タッチ(SSTouch)技術関連事業を展開しています。当社は、独自技術である「スマート・サウンド・タッチ」を利用する「Zeetle」関連サービス、モバイルフォンを利用した販促や勤怠管理等のビジネスソリューション向け非接触ICリーダーライターとそれに関連するソリューション「ピットタッチ・シリーズ」を開発、提供しています。

(*) 記載の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

<報道機関からのお問い合わせ>
株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー
マーケティンググループ
TEL : 03-6265-0009
Email: press@sstinc.co.jp