導入事例
登塾管理・安全安心メール

学研エデュケーショナル様

お子様の登下校連絡がメールで届く「安心メールサービス」に活用
個人経営の学習塾でも簡単に、安価で導入できるサービスだから「ピットタッチ・プロ」を選びました。

株式会社 学研エデュケーショナルは、幼児から中学生を中心に全国展開している「学研教室」やIT活用型の個別指導学習塾「学研CAIスクール」の運営をはじめ、教材開発など様々な教育事業を行っています。また近年は、“学びの”ソーシャルサイト「ぐるみ」を展開し、塾の先生や家族同士のコミュニケーションの活性化に役立てています。

この仕組みの中で、塾の登下校を保護者にメールで知らせる「安心メールサービス」に ピットタッチ・プロを採用し、このたび運用を開始しました。

パソコン要らずで「ピットタッチ・プロ」がお子さまたちの安心を見守ってくれます。

安心メールサービスとは、塾の登下校のさいに、生徒がピットタッチ・プロにICカードをかざすと保護者の携帯電話にメールで登下校の連絡をするサービスです。
「ピットタッチ・プロを塾の入口に設置し、登校した生徒が専用ICカードをかざすと画面に名前が表示され、それと同時に保護者の携帯電話に生徒が塾に登校したことをメールで知らせる仕組みになっています。ピットタッチ・プロは、本体にモバイル通信端末を組み込むことができ、電源を入れるだけで簡単に利用できてとても便利です。」と、株式会社学研エデュケーショナル デジタルメディア事業部部長の井関俊輔氏は説明します。

「安心メールは以前から行っているサービスですが、これまでは利用するためにはパソコンとインターネット環境が必要でした。しかし、学研教室にはパソコンやインターネット環境がない教室も多くあります。
ピットタッチ・プロを導入したことで、こうした塾でも手軽に安心メールサービスが利用できるようになりました。」

LCDタッチパネルが付いているので採用

「以前からピットタッチに注目していましたが…」と語る井関氏は、これまで導入に至らなかった理由として、ICカードリーダー機能だけでは不十分と考えられていました。

「お子様が使うこともあり、画面があることが必須でした。画面があって、付加サービスも追加できるICカードリーダーがリリースされるのを待っていたんです。そこに液晶画面があり、しかもそれがタッチパネルであるピットタッチ・プロが販売されると聞いて、すぐに採用を決めました。先日行った全国指導者研修会というイベントでピットタッチ・プロを利用する安心メールサービスを紹介したところ、塾を運営されている先生方からとても高い反響をいただきました。大きさもコンパクトで設置場所を選ばないし、タッチパネルで操作も簡単ということから、すぐに使いたいというご希望が数多く寄せられています。」(井関氏)

ピットタッチ・プロを利用する安心メールでは、液晶画面を活用して、生徒がタッチしてから認証、通信をしている間に生徒の名前を表示したり、カエルのアニメーションを流したりするなど、生徒が楽しむことができる工夫が施されています。

簡単・便利で使いやすいことがメリット

井関氏は、ピットタッチ・プロ導入のメリットとして、以下をあげています。

ピットタッチ・プロであれば、パソコン操作に不慣れな先生でも簡単に利用できるため、安心メールサービスの利用促進につながります。また、パソコンを利用している先生からも安心メールサービスをピットタッチ・プロで行うことでパソコンの作業が集約できるでしょう。
画面がわかりやすくて操作が簡単で、使い勝手が良いため、設置したその日からすぐに利用できます。コンセントを差し込んで電源を入れるだけで利用できるようになることもよいです。 モバイル通信端末が組み込まれていて独立して通信ができるので、ネットワーク環境に依存しないで運用することができます。
ICカードをタッチしたときだけ通信するので、通信費用を抑えられます。
保護者のメールアドレスなど、個人情報は学研エデュケーション側で一元管理できるので、塾の先生がセキュリティに気を使わないですみます。

塾へのピットタッチ・プロの提供はレンタル方式にし、塾における初期投資や月々の運用コストを抑える工夫をされています。
今後の展開について、井関氏は「学研教室は全国に1万5,000教室、約20万人の生徒さんが通っています。この中で3割以上の教室がピットタッチ・プロによる安心メールを利用していただけるのではないかと期待しています。また、学研教室のほかに、パソコンを使ったIT活用型の個別指導学習塾「学研CAIスクール」、「学校」「家庭」「塾」の3つの環境をひとつの輪につなげる学習環境「学研マナビア」を運営していますが、これらの教室でも同様のサービスができればと考えています。」と期待を述べられました。
また、ポイントを表示できる機能を使って、今後はポイントサービスの仕組みも追加していきたいとも考えられているようでした。
さらに、「今後は、安心メールサービスを組み込み、他の塾を運営している皆様にもご案内していきたいと考えています。」と語り、事業展開のツールとして外販も目指されているようです。

関連する製品